FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

初大会

昨年の4月から囲碁を習い始めた息子。
カルチャーセンターで気軽に教えてもらっていたんだけど、先生に「そんなに好きなら」と全国大会へ出場するような子が習っている囲碁教室を紹介され、10月からはそちらでお世話になっています。

強い子もいるなんて、どんな厳しいところなのかと思っていたら、
行く時間も、曜日(週1とは決めてる)も割と自由で、
宿題はやりたい子が先生に言って持って帰るだけ。

床をゴロゴロしてる子がいたり、ヒカルの碁のマンガを読んでる子もいたり、かなりゆるい雰囲気なので、タツのマシンガントークも生温かく見守ってもらっています。

そんな自主的な子だけが伸びるであろう環境で、本人の希望でおよそ4時間くらい滞在してる息子。
いや、まじめにやってるのは、そのうち1時間くらいだろうな(苦笑)

そんな息子が、初舞台に立ってきました。


近隣5県が集まった囲碁交流戦。
タツは初級クラスで出場。


↑初っ端から姿勢が崩れてるしw

最初に「泣いてもいいから、怒らず最後までやること」と約束して行った。
そのおかげか、途中涙をぬぐいながらも、最後まで戦った。

結果、3勝1敗。

すると、同点3位が2人いるからって、急きょ3位決定戦をすることに。

残念ながら負けてしまい、その日一番の涙でした。

表彰の時に自分が貰えないことに不満なタツ。
「余ったらもらえる?」と聞いてきました(≧m≦)

そんなタツの気持ちを察していただいたのか、同点3位まで行ったからって、プロ棋士のサイン色紙をいただいたΣ( ̄□ ̄;)
タツは「わ~い、何か紙もらった~」(←まさに猫に小判)とご機嫌。

普段、同じ棋力の子とたくさん打てる機会もなかったので、貴重な機会でした。
しかも、「今度は勝ちたい。勉強する」と最近下火だったモチベーションが上がったようです。
さっそく帰ってから、詰碁の問題を解いてました。

3日坊主でないことを願う☆
[ 2013/02/24 21:01 ] [タツ]年長 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
いらっしゃいませ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近のコメント
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。