スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

就学相談

運動会シーズン到来ですね。
私の住んでる地域も、まだ秋に運動会を開催するところが多いので、子どもたちの通う幼稚園でも、毎日運動会の練習をしています。

療育に通っていた昨年までのゆる~い種目と打って変わって、全体ダンス、学年ダンス、リレー等々、覚えることやること一杯のタツですが、特に嫌がることもなく、問題もなく、練習に参加しているそうです。
ちょうど練習の最中に、療育の訪問指導の先生が来園して、息子の成長と頑張りに感心されていたと担任から聞いて、嬉しい限りです。

さて、そんなタツの就学に向けての活動のメイン。
教育委員会の就学相談を7月末に受けて、その結果を先日聞いてきました。


まず、就学相談日。

市内の小学校で相談会。
こちらはタツと私と、幼稚園の担任の3人。
相手は市内の支援学級等の担当をしている教師4~5人。

私と担任が1人の先生と話をしている間、タツは教室の後ろ側で検査を受けてました。
ちょうど相談の1カ月前に児相で田中ビネーを受けていたので、結果はそちらからいただくということで、WISKを実施。
時間が足りなくて最後までできないので、検査結果は出ないけど、検査を受ける姿勢を見られていたようです。

たまたま校区の先生が担当して、本人の様子を見てもらえたのがよかったなと思いますし、1時間それなりに集中して検査を受けていて、これならやっていけるかもと一言いただきました。
ただ、途中でがしゃーん!!とけたたましい音を立てて、パイプ椅子から3回も転落していましたが(^^;)
足が床につかないと、やっぱダメだな。

私の方は、事前に提出していた問診を基に、親の希望や成育歴、現在の様子を話し、ざっくりと学校で受けられる支援を聞きました。

話していて感じたのは、学校は他人に迷惑かけなきゃ、一人静かに困っている分には別にかまわないって面が少なからずあるな……ということ。

そこは色々葛藤する部分だけど、家で出来るフォローを頑張って、学校へは具体的にできることを相談しながら模索していくしかないかな。

そして9月。
学校から就学相談の結果が出たと連絡があり、話を聞きに行ってきました。

仕事帰りに子供を迎えに行き、その足で校区の小学校へ。
職員室で担当の先生を呼んでいただいて、通された部屋が校長室Σ( ̄□ ̄;)

し、仕事帰りなんで、ジャージ姿なんですが(汗)と内心躊躇しながら入室。

簡単に挨拶を済ますと、即結果を聞きました。
結果は、「通常学級+通級で」

普段は普通クラスで一緒に授業を受け、週に1~2時間、通級クラスで個別指導を受けることになります。

支援学級だと、タツには物足りない。
通常学級オンリーだと、不安が多い。

そんな親の考えとピッタリマッチした結果なので、「どうしますか?」と恐る恐る尋ねられる先生に即答で「それでお願いします」と返事しました。

自校通級なので、どうしても午前中に授業を抜ける形になってしまうのが難点ですが、何の授業で抜けるかは、相談である程度希望を聞いてもらえそうで一安心。

途中で抜けることで、周囲から何か言われるのではないかという不安もなきにしもあらずですが、自校通級のおかげか、みんなそれを普通に受け止めている様子で、中には教室までの送り迎えを買ってくれる子もいるというお話も聞いたし、何よりタツが他人と違うことをほとんど気にしないタイプなので、当面は大丈夫かな。

就学すると、途端に療育を受ける場がなくなってしまうので、通級と言う形でSST(ソーシャルスキルトレーニング)を受ける機会を得られたり、親が相談する相手ができるのは安心です。

大っぴらには言えないけど、直接、クラスに様子を見に行ってもらえることができるのも、自校通級ならでは。
何かあった時に、親と担任の間に入ってもらうことも期待しています。

「細かい話は、担任が決まってから」ということなので、年度内は普通の就学と同じステップでいいようです。
質問があれば、いつでも受け付けてくれるようなのですが、たぶん卒園まで呑気に過ごすかな(笑)

あぁ、そうそう。
校長室に一緒に入ったタツ。

彼が黙って座っているハズはなく、入室早々「この部屋くさい!」を連発し、母は冷や汗ダラダラ。
幼稚園で作った工作物を持参し、校長先生に説明。
「ゴーバスターは知らないなぁ」と答えた校長先生に、
「じゃぁ、日曜日、うちに来て見たらいいよ」と誘ってた。
しかも、朝の6時に(爆)

その工作物のセロテープが剥がれたのを発見し、セロテープ要求。
「この部屋にはないなぁ」と答えた校長先生に、
「他の部屋から持ってきて」と厚かましく要求orz

最後に「トイレ行きたい。トイレどこ?」と言い、先生との話もちょうど終わりだったので、そこでお開きに。

もう、穴がなくても、掘ってでも入りたい(;´Д`)
先生は「わからないことを、わからないって言えることは、いいことですから」ってフォローしてくれたけれど、自由すぎだろ!

校長室に入れなくて泣くよりいいか・・・と自分を慰めつつ、友達と先生で話し方を変えることも、教えとかないとなと課題を1つ確認。
ホント、呑気にしてたら、あっという間に入学になりそうだなぁ。
[ 2012/09/12 23:43 ] [タツ]年長 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
いらっしゃいませ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。