スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

帰宅

無事、別荘から帰宅しました。

毎日上げ膳据え膳、1日にする運動と言えば、
トイレまでの往復と、地下のコンビニまで8階から階段で往復すること。

思ったより経過が良くて、暇過ぎ。
こんなことなら、もっと本とか持っていけばよかった~と後悔できるほどでした。



で、なんで入院してたの?ってことですが、「耳下腺腫瘍」ってヤツです。

入院前、人の体験記が非常に参考になったので、私もちょっと詳細を記しておきます。

耳の下の所にできる腫瘍。
エコーで直径2.5cmくらいの大きさ。

顔面神経と非常に近いのが難儀で、放っておいても大きくなるだけだし、早めに取ってしまいましょうということで、手術しました。

予定時刻より2時間遅れで手術して、手術時間3時間。
日が暮れてから、オペ室から出てくるハメになりましたが、
翌日午前中には、全ての管(ドレーンまでも)が外れ、
痛みもほとんどなく、手術翌日から地下から8階まで階段を上がるほど元気でした。

本来なら耳の前から後ろにかけてS字に切るのですが、腫瘍がちょっとだけ下の方だったおかげで、耳の下から10cmくらい(?)切る状態になり、ちょっとだけ目立ちにくい状態です。

一番の心配だった顔面麻痺。
これは医師の予告通り、ちょっとでちゃってます。

私の腫瘍の位置だと、口の左下側に麻痺が出やすいと言われてたのですが、
左下側の口角付近に麻痺が出てて、普通の顔をしてるとわからないけれど、
イーの口をしたり、口をあけて笑うと、左側が動かない状態です。

あと、傷からあごのライン辺りまで、皮膚感覚がほとんどなかったです。
これは、ちょっとずつ改善されてるのか、今は指でなでるとピリピリした感覚がするくらいまでになりました。

神経はちゃんと残っているので、いずれ治るでしょうってことです。

いずれって、いつなんでしょうね?
1週間後か、1か月後か、半年後か。。。

腫瘍は、オペで取ったのを見た限りでは良性だそうで。
検査に出しているので、確定はまだですけどね。

入院中、子どもたちは幼稚園の預かり保育。
オットが時短で早めに迎えに行って、家のことも全部やってくれてました。

ハルはちょっとさみしがってたようですが、
タツは「おれ、へいき」と平静を装っていたようです。

ご飯もオットが頑張って作ってたのですが、
退院後、オットがタツに「お父さんが作ったご飯で、何が1番美味しかった?」と聞くと、
「(インスタント)ラーメン!」と即答。
一番の手抜き料理を一押しされて、父ガックリしてましたよ(笑)

親子3人で、頑張ってくれてたみたいで、本当に感謝、感謝です。

仕事は1週間ほどお休みいただいているので、家のことをしながら、ぼちぼち体力を戻していきたいと思います☆
[ 2012/08/06 22:26 ] [家族]私 | TB(0) | CM(1)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/08/07 09:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
いらっしゃいませ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。