スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本丸への道<完>

幼稚園も午後保育が始まって、ようやく一息つけるようになってきました。

タツはお友達の真似して、うんていやのぼり棒に挑戦したり、色水遊びにチャレンジしたりと、毎日新しい刺激が楽しそう。
ハルは、幼稚園ではしっかり者で先生にも敬語で話しかけたりするらしいけど、それなりに疲れるようで、帰宅すると毎日グズグズ炸裂しております。

さて、「本丸への道」「本丸への道2」を経て、1カ月も前ですが、とうとうタツに診断名がでました。

長い間書かなかったのは、別にショックを受けてたわけではなく、引っ越しと幼稚園準備(2人のお弁当袋が仕上がったのは、午後保育始まる前日だし)とで、私に余裕がなかっただけなんですが(;・∀・)

そんなわけで、眠くなるような長い話になるかと思いますが、お暇な方はお付き合いくださいませ。


まず診断名を言う前に、3歳で発達相談に行ってから、疑っていた系統は「発達障害」というもの。

「発達障害」とはざっくり言うと、・脳機能の問題により起こる、認知や社会性・運動機能の障害で、分類としては自閉症(広汎性発達障害) ・注意欠陥多動症候群(ADHD)・学習障害(LD)などがあります。

知的障害を伴う場合もあれば、知的な遅れがない(高機能)場合もあります。

で、タツはというと、

アメリカ式に言えば、「PDDNOS(高機能)」
イギリス式に言えば、「自閉症スペクトラム(ASD)」


聞きなれない単語に「?」となった方も多いと思います。
(療育のママ友たちは、全員「は?」と聞き返してきたので)

Dr.の説明を自分の中で解釈して説明しているので、多少誤りがあったら、スミマセン。

まず、現在の診断基準となっているのが、DSM-Ⅳというもの。
それはアメリカ式の診断基準が主流となっています。

発達障害の中の自閉症をカテゴライズすると、

広汎性発達障害(PDD)の中に
 1.自閉性障害
 2.アスペルガー障害
 3.小児期崩壊性障害
 4.レット障害
 5.PDDNOS

と、5種類の障害区分があり、1~4までは明確な診断基準があるという。

で、自閉症の診断基準となる3つ組が

・社会性の障害
・コミュニケーションの障害
・イマジネーションの障害

とあるのだけど、これらの3つ組が揃ってはいるけれど、1~4の基準を満たしていない、ぶっちゃけ「その他」的なものが、「PDDNOS・・・PDD Not Otherwise Specified」で、非定型あるいは特定不能の広汎性発達障害と言われます。

まとめると、タツは「自閉圏の仲間ではあるけど、知的な遅れはなく、特定の診断名がつくほど自閉度は高くない」ということらしい。

一方、イギリス式の「自閉症スペクトラム」とは何ぞや?という話ですが、
スペクトラムとは「連続体」という意味。

幼少期に自閉症と診断されても、成長と共に知的な遅れがないタイプになったり、逆に自閉度が高くなってきたりと、変動があること。
またDr.によって広汎性~、アスペ、高機能自閉症と診断がまちまちで、その違いはいったい何?と言った疑問を、保護者に抱かせることも少なくない現状。

それぞれの境界線はくっきりハッキリしているわけではなく、虹の色のように曖昧な部分も多いわけです。

で、近いうち(来年くらい?)にDSM-ⅣがDSM-Ⅴに改定されるらしいのだけど、そこで広汎性発達障害をまとめて自閉症スペクトラムという名称に変更されるであろうということらしいです。

現段階ではPDDとADHD両方持ち合わせている場合は、PDDが優先されるそうですが、ASDとADHDでは両方併記できるようになるとか。

途中から意識が遠のきそうになりそうなDr.の話でしたが、同じ質問を2回したりして、何とか自分なりに解釈することができました。

3歳くらいから、「○○かも~」とか思ってたので、診断名がハッキリして何だかスッキリ。
タツはタツなわけで、特に親の方の関わり方は変わっちゃいないです。

ただ、幼稚園や学校など公的な場面で、支援を受けたり、またはあらぬ誤解を受けないための指標として今後役に立つことと思います。
[ 2012/04/20 17:01 ] [タツ]年長 | TB(0) | CM(4)
お疲れ様でしたー。

確かに診断名を受けるって本丸ですよね。
うちもたまに次男坊のことで考えることがあります。
でも、やっぱり大事なことは親や周りの関わりであって診断名じゃないんですよね。
と、思いつつもこちらの結果が私もドキドキして待っておりました。

自閉症スペクトラムは知ってました。
うちもここかな~?なんて思ってます。
でもアメリカ式、イギリス式は知りませんでした。
いつもいつも参考になります。

幼稚園生活、楽しんでいるようで良かったです。
これからもがんばってくださいね。
[ 2012/04/21 21:02 ] asche [ 編集 ]
★ascheさん

アメリカ式・イギリス式は私も初耳でした。

私の住んでる地域では、普通級在籍で支援員を付けてもらおうと思ったら、診断名が必要になるみたいです。
診断名って、日常生活には不要だけど、ここぞと言う時に必要なパスポートみたいなもんだな~と勝手に思ってます。

まぁ、本丸の全容が明らかになったので、城攻略も、もう少し進むといいなと思ってます(笑)
[ 2012/04/30 14:08 ] ナツメ [ 編集 ]
ままごとキッチンをネットで検索していてコチラへたどり着きました。

うちの長男(2007年7月生まれ)と、タツ君の状態があまりにも似ていて
コメせずにはいられませんでした。

うちの子は出産時にトラブルがありまして、その後遺症として色々出て来ています。

2年前の最初の発達検査ではタツ君と同じDQ70でした。
今年2月の検査ではDQ74でした。
診断名は軽度精神遅滞境界域(ボーダー)の可能性・・・と濁され。

と言っても、思い通りにならないと泣き喚いて暴れたり
本当に細かいことで怒ります。

こだわりもあるし、自閉系ではないのかと心理士さんにうかがっても
点数の出方的には自閉ではないそうで…

社会性の点数がかなり高く
認知性が低いんですよね…

去年1年間は通園施設に通いましたが
この春から近所の幼稚園に通っています。
通園施設の担任に出ても大丈夫と言われて卒園したものの…

やっぱり他の子とは違う行動に、これでよかったのか半信半疑な毎日です涙


ままごときっちんの作り方を探していたのに
なぜか他の記事に見入っちゃいました(*´∀`)クスクス
[ 2012/05/06 23:21 ] [ 編集 ]
★まりままさん

コメントありがとうございます。
今春から通園施設→幼稚園なのですね。

うちも不安もありますが、どちらかと言えば人が好きなタイプなので、何とかなればいいな(希望)と思っています。
親は、子供の成長する力を信じるしかないですよね。。。

お互い、ぼちぼち頑張りましょう♪
[ 2012/05/09 15:21 ] ナツメ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
いらっしゃいませ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。