FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

発達相談

最近タツが喜んでしてくれるお手伝いは「玉ねぎの皮むき」
本当はもっと高度なことさせてあげたいけれど、指示も通らないし、ハルの機嫌が悪くなる前に手早く済ませたいのもあって、上記のものに。
散歩でも、枯れ枝の皮をぺりぺり剥ぐのが大好きなので、かなり楽しいらしい上に、その間他の作業ができるので、実際助かってます。

さて、1歳代から何となく言葉の発達が遅いなと感じていたタツ。
それでも周囲の「男の子は遅いし」と言う言葉もあり、身近に発達についてとやかく言う人もいないので、「まぁ、3歳くらいになったら話し出すでしょ~」とのんきに構えておりました。

が、間もなく3歳の扉が見えてきた今日この頃、6月くらいから日常会話でもようやく2語文を使い始めたものの、5W1Hの質問はおろか、「Yes」「No」で答えられるような簡単な質問にも、食べること以外あんまり答えられない状況に不安を感じ、保健所の発達相談に行ってきました。
スポンサーサイト
[ 2009/07/21 15:35 ] [タツ]療育関連 | TB(0) | CM(3)

個別療育

夕食の準備をしていた時、突如「うわーーー」と不満げな叫びと共にタツが台所にやってきたかと思うと、一言。
「おふろいすーーー」

「は?」

「たっくんの、おふろいすーー」

「へ?」

TVを見ると、「みいつけた」のオフロスキー登場。
「あぁ、オフロスキーだね」と言ったが、納得しない3歳児。

「たっくんのおふろいすーー」
と言いながら洗面所の洗濯機を指差す。

もしや・・・・・・洗濯かごが欲しいのか?と渡すと、ご満悦な表情でリビングへ戻り、いそいそと洗濯かごに入っていた。

あぁ、洗濯かごを浴槽に見立ててたのね(´д`;)

オフロイス[名]:TV番組みいつけたのオフロスキーが入っている浴槽の名称。タツには洗濯かごのこと。オフロスキーそのものを指すことも。

また、社会の役に立たない言葉が、母の辞書に加わりました。

さて、今週からいよいよ始まったタツの療育。
[ 2009/07/31 14:12 ] [タツ]療育関連 | TB(0) | CM(0)

集団療育

今まで質問に対して、オウム返ししかできなかったタツ。
それがおやつの時に、3種類の味のゼリーを見せて「どれにする?」と聞いたら、「いちご」と即答で返事が返ってきたヽ(゚Д゚;)ノ

や、やっと会話っぽい質問ができるようになったか(。´Д⊂)
そして、プリンくらいの大きさのゼリーをペロッと食べると、

「ぶどう」

と次も催促。
「1日1個だよ~。ぶどうはまた明日ね」と答えたら、

「みかん」

いや、だからね、1日1個だから、もうオシマイ。あとは、また今度。
と言っても、また「ぶどう、食べる」「(冷蔵庫)開かん」

いやいやいや、だからね・・・・・・てなやり取りを、かれこれ20分やってましたよ。
今までの癇癪と違って、子どもらしい駄々コネだなぁ~とじんわり感動していたんですが、20分も続くと母もお腹一杯です。

さて、今週から療育の集団クラスにも参加してきました。

朝登園して、まず最初は個別療育。
今回は遊戯室で、体を使ってフルに遊びまくり。
[ 2009/08/07 23:28 ] [タツ]療育関連 | TB(0) | CM(0)

入園申込

9月に入り、朝晩少し涼しくなってきましたね。

そしてタツが療育に通い始めて、およそひと月経過しました。
タツは療育が楽しいらしく、帰宅後「どんぐり(仮名)よかった~」と報告に来てくれ、なんでもない日も「どんぐり行く」等連発しております。
特に担当の先生が大のお気に入りのようで、「おとうさんのめがね」と命名し(大人の男性はお父さんらしい&眼鏡をかけてる先生)、個別後クラス療育になった時に「いない」と言う風に探すほどです。

内容は個別ではいろんな遊びを通して関わりを学んでいるような感じです。
集団は、プレ幼稚園のような感じ。
朝の挨拶して、体操して、その日の活動(制作や運動)をしています。

タツは、言葉は多少出るが、やり取りは苦手。
会話は一方通行のことが多い。
何か作業するときに、先生が説明するのを待てない(最近ちょっとだけ待てるようになってきました)
集団になると、指示が通らない。
一人遊びが好き。

そして今は運動会の練習になってますが、タツも一緒に参加。
先生の持っている旗がいる!と駄々をこね(実際奪ってるし)、みんながかけっこを走るフィールドを出番ではないのにフラフラ闊歩する自由人ですorz

そして9月と言えば、ここらの地域の幼稚園願書の受付が始まりました。
今月末には面接と言う、ハイスピードな日程。

療育に行きだしてすぐ、担当の先生と毎回幼稚園をどうするかという話をしてきたのですが、我が家にとって大きな決断をしました。
[ 2009/09/10 00:11 ] [タツ]療育関連 | TB(0) | CM(0)

発達検査結果

いつも楽しそうに療育に通っているタツ。
今日も個別と集団療育があり、個別ではオモチャで遊んだ後、遊戯室で他のお友達に混ぜてもらって平均台を歩いたり、先生にマットでグルグルに挟まれてじゃれ合って遊んでおりました。

集団では、部屋の中央の天井近くに、ビニールで作ったハンモックがあり、そこに大量のちぎった新聞紙を入れ、下から叩いて紙ふぶきを起こすという遊びをしました。

こんな後片付けのメンドクサイ遊び、家ではできないので、タツは大喜び。
床の新聞紙を集めて、先生やお友達に「えーい」ってかける遊びに夢中になってました。

今日は座る場面では今までで一番きちんと座れてて、進歩を感じます。
ただし、最後は後片付けのほうきとチリトリが触りたくて、でも触らせて貰えなくて、大癇癪起こしてましたが(-"-;)
気が散るものがあると、やはりまだまだですわ。

さて先週のことですが、以前受けた発達検査の結果が療育先に送られてきました。
[ 2009/09/29 00:11 ] [タツ]療育関連 | TB(0) | CM(4)

叱らない育児

今日のこと。
タツが自分は母とお風呂に入って、父はハルちゃんと入るんだ~と言うことを説明しておりました。
操れる単語が少ないので、なんとも拙い説明ながら、懸命に出た言葉が、

「ハルちゃん、とーたん、ここ、すわる」

父が膝に乗せてハルを洗うので、父の膝を指しながらのセリフ。
親じゃないと解らない説明ですが、4語続けて出てきたのは初めての出来事でした。

さて、世間には「叱らない育児」という育児方法があるそうですが、数ある育児書を読んできた私も、この系統だけは今まで何となく敬遠してきました。

まず、「叱らない」と「しつけ」の両立なんて不可能だろうって思い込んでました。
あと、どう足掻いても、短気な私には無理だと思ったので。

しかし、叱らずにしつけをするとは、どういう方法なんだろう・・・・・・とその方法については多少の興味はあったんですよね。
[ 2009/10/16 22:13 ] [タツ]療育関連 | TB(0) | CM(2)

1番にやりたい病

タツの療育の先生は、外回り担当で、県下の幼稚園保育園に巡回指導に行っている。
そのため、グレーゾーンの子などと出会う回数もとても多い。

その先生が言葉の発育が遅い子に顕著に見られるパターンが2通りあるという。

1つは「何をしているのか、なんでも一旦は触ってみないと理解できないタイプの子」と
もう1つは「何をしているのか理解できないから、遠くから様子を見るタイプの子」だそうだ。

タツの場合は、迷うことなく前者。
その大きな特徴は、とにかく待てない。
何をおいても、まず自分が触れてみなければ気がすまない。

なので、教育現場で毎日のように見られる、
「先生がまずお手本を見せるから、よーく見ててね~」は、

「たっくんもー、やるー、やるのー、たっくんのーーー」
とまったく無視される。

これが集団になると、一応多少なりとも制御機能が作動するのか、一事が万事この状態ではないけれど、やっぱり前へ出て行って「いるのー」となることもまだまだ多い。

私が横で「あとで」「待って」「見て」と一々言えば、わずかに待てる程度。


[ 2009/12/17 16:36 ] [タツ]療育関連 | TB(0) | CM(0)

療育納め

今日仕事納めの方々も多いのでしょうか。
うちのオットもそうですが、タツも今年最後の療育に行ってきました。

おもちゃの部屋だと、ホントただ遊んで終わりになっちゃうので、最近は教室を使っているのですが、今日はどこもいっぱいで、結局おもちゃの部屋に(^^;)

はい、ただ遊んだだけで終わりました。
ま、年末だし、これもいいよね。

で、先生から微妙なお話を頂戴しました。
[ 2009/12/28 15:07 ] [タツ]療育関連 | TB(0) | CM(0)
いらっしゃいませ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。